· 

体を鍛えて、メイク力も鍛える

寒い季節もやっと終わり

春めいてきました!!

 

体も動かしやすくなり

冬についたお肉を

なんとかしないと

薄着になってお肌の露出が

ふえる時期が

近づいております笑

 

お肉の行方に

困っている青月です笑

 

雑誌も

今から痩せましょう的な

記事もちらほら出てきて

 

ジムやスタジオなど

体を動かす健康的な事に

スポットが当たりだす時期です。

 

体力といえば

 

着物のお着付けも

させていただいているのですが

 

帯を着付けているぐらいから

すごい汗をかき始めます。

結構な体力を使うんですよ笑

 

 

私の場合は

体力を増幅させたいので

ちょっと鍛えようと

自宅でスクワットしております。

50回くらいを

足プルプルさせながら

頑張っています。

 

皆さん体を鍛えて

何に期待されてるかというと

 

もちろん

体力強化や

スタイルアップや維持といった

体を健康的に保つこと

 

だと思うのですが・・・

 

じつは

メイクも健康に

一役かっているのを

ご存知でしたか?

 

 

 

「えー!!どこがー??」

 

「メイク好きな人が

やってるだけじゃなーい」

 

「顔に塗って

むしろ健康的じゃないよねー」

 

メイクが余計なものなのかというと

私は大きな声で

 

「健康的

 でーす!」

と宣言したいと思います。

 

 

どこがかというと

精神的にメイクは

自分の顔に自身を持たせるという

自己肯定のキモチを

与えてくれます。

 

これはすごく大事で

私らしくあっていいんだ!

って感じれる事で

幸福感を

大きく感じることができます。

 

 

わたしなんて・・・

わたしなんかが・・・

 

 

謙遜ではなく

ちょっと否定的なものは

 

 

その表情って

周りにも出ます。

 

申し訳ない感じとか

とても自信ない感じ

 

そのお顔がはたして

幸せそうかな?

と考えたとき

 

はっきり言って

 前向きではありません。

 

ジムで鍛えて

体力に自信がつくのと同じように

 

メイクで

自分のお顔を元気に

いきいき見せて

楽しんでいることは

 

 

同じ健康ではないのかなーと

私は思います。

 

自分の体は死ぬまで

一生モノです。

体とお顔と心

お手入れしてあげれるのも

自分だけですから

 

気にかけてあげるのも

大事じゃないかなと

思います。

 

 

じゃあ

メイク力を

鍛えるなら

どうしたらいいの?

 

そう

私、青月にご相談ください!

 

筋肉お兄さんならぬ

 

メイクおネエ青月

 

以下の○にチェックが入った方。

 

メイクおネエが

ご希望のレベルで

お鍛えします!!

 

レベル1・・・

このくらいなら毎日余裕♡

 

レベル2・・・・

ちょっとの練習でこのうまさ

 

レベル3・・・

がっつり激変!!変わるわよ!

 

 

○やりすぎたくない

でも

やらないと手抜きに見える

 

○透明感を長いこと探してる

 

○昭和感が平成が終わろうというのに

まだ出てる気がする

 

○鏡でふと見ると悲しい顔をしている

 

○乾燥との戦いが激化している

 

○顔に重力を感じさせる部分がある

 

 

 

こんなお悩みの方は青月美粧まで!!