· 

眉毛について3

いままで

いわゆる

THE眉の描き方

をかいてきたわけですが、

 

一人一人顔が違っている事と

 

眉毛の位置・量・色・毛質が

違うからこそ

こういうセオリーは

上手く伝わらないことを

承知で一応書きました。

 

私も雑誌見て

目から何もかも違うじゃん。

どう真似しろというのよと

思ってた一人なので(笑)

この間テレビを見ていたら

スッキリ!で

眉ブス刑事(笑)というコーナー

があっていて

 

街で見かけた

眉のイケてない女子を

GENKINGさんと

ヘアメイクのJUNJUNさんが

確保して

お直ししてあげるという

ゲリラ的なコーナーでした。

 

今流行りの眉で

あか抜けた感じに仕上げて

雰囲気を変えてあげてました。

 

眉のみをいじるだけで

かなり違う印象に

なります。

↑ちなみに青月さんの眉遍歴です。

 

わりと微妙なところで

フォームチェンジしてるんですよ(笑)

左上が何もしてない眉

 

短かったり

長かったり

太かったり

細かったり

眉山を作ったり

ブルゾンあり(笑)

 

と、いろんな眉をやっています。

 

 

 

 

 

 

最近見るのは

自然に生えたまま

産毛を結構残して、、、

みたいな

モデルさん

 

 

全く何もしていないわけではなく

きちんとメイクさんなりが

 

顔や衣装など全体を計算して

整えているはずです。

 

ナチュラルな雰囲気が出るのは

あくまでも

 

そういう雰囲気を

作ってメイクしていて

 

一般人は

下手したら

ずぼら感と

紙一重だったりします。

 

  

 

メイクoffする前に

ちょっと遊んでみる気分で

いつもやらない眉毛に

挑戦してみてください。

 

まずはきちんと

描こうとは思わずに

 

太くしてみようとか

眉マスカラで

色を明るくしてみようとか。

 

いろいろ遊んでるうちに

自分の眉の特徴や

 

表情グセがわかります。

 

 

いつも同じ眉じゃなくていいんです。

毎日違う眉でもいいんです。

この眉じゃないとダメとかも

ありません。

 

 

一番大事なのは

その方の

その日のイメージするメイク・洋服に

あってるかどうかです。

そこにプラス

骨格・筋肉・パーツの位置から

トータルで

バランスよく見える眉かどうか

ということになります。

 

だからこそ眉は

ホントにむずかしい・・・・

 

 

 最後に

 

 

眉を変えるのは

結構勇気いります。

 

特にずっと同じ眉で

定番化してる方。

 

 

眉の描き方を

少し変えるだけで

目が急にでかく見えたり、

一気に若返る方

多いです。

 

ちょっと勇気を

だして

新しい眉毛にも

挑戦してみてください。