· 

就活の時のメイクはどうしたらよいのか



追記:

 

普段のメイクに

下記のポイントを

 

 

 

ちょっとだけ意識して

メイクしてみてください。

 

近いイメージに近づけるかと

思います。

 

 

 

しっかりもののメイク↓

 

パーツを直線的な形にします。

色もはっきりとした濃い色を。

(普段ライトブラウンがならば

ダークブラウンにするなど)

 

眉・アイライン・リップライン

もシャープな形で。

 

リップラインは口角部分を

ぼやっとさせず

めんどくさいですが(笑)

ペンシルで

しっかり作ると

上品な引き締まった印象に

なります。

 

チークはタイトに見えるように

ほほ骨の一番高い位置部分から

小鼻に向かって斜めに入れる感じです。

コーラルオレンジ

肌なじみがよい色味がおすすめです。

 

ベースは締まった印象に見せるため

フェイスラインに

暗めのファンデーション

ブラシなどで入れると良いです。

(シャドーに使える

パウダーやコンシーラーも

ドラッグストアで売ってます)

 

 

張り切ってやってしまうと

デーモン閣下のようになります。

うっすらわかるかなー?

ぐらいを目安に。

 

 

 

 

 

優しいメイク↓

 

(医療系等のお仕事の場合は

メイクの濃さが影響する

職場もあるかと思います。

基本ナチュラルで)

 

 

パーツは曲線的にします。

色味もトーンが明るめの色

を選んでみてください。

 

リップラインも

丸みを強調で。

アイラインはペンシルでぼかすくらい。

 

眉も色味は暗く強い色より

少し明るめブラウンくらいで。

 

眉毛の濃い方は

オレンジのパウダーを

使ってみてください。

眉マスカラでもいいと思います。

 

 

チークはにっこり笑って

高い位置にのせるが一番

無難かと思います。

 

(ほほの形は

人それぞれ違うので、

その方のベストバランスかは

見せていただかないと

なんとも言えないところです・・・

ここは無難という表現で)

 

おてもやん・

目のすぐ下のオフェロチークも

基本、

就活の場面では避けましょう。

(職場によって

個性的な印象を

残したい方は別として)

 

 

コーラルピンクなどを

ふんわり丸く入れます。

自前の血色ですよ!の雰囲気で

元気に見えるくらいが

ベストです。

 

ベースは

カラーレスのパウダーで

仕上げると

ふんわり感がでて

柔らかい印象に見えます。