自分でサロンを作る1

うちは築40年ほど経った

年季の入った民家です。

 

 

しばらく人が

住んでいなかった家なので

入居した当初はなんか暗ーい

感じでした。

 

まずこの家全体を

明るくしよう!と

腰を上げたのが始まりです。

 

まずトイレから手を付けました。

毎日必ず使う場所ですしね。

 

壁紙はデローンと剝げて

ちょっと怖い感じに😅

 

古いタイルの床も

懐かしい柄入りで

これをうまく生かせるセンスは

私にはなく・・・

 

そこで

壁紙→全部はがして買ってきた

糊付きのクロスを張替

(素人のやれる限界の技で)

 

床タイル→ビニールクッションシート

をホームセンターにて購入

(フローリング柄)

 

窓枠→ラベンダー色の水性ペンキで塗装

カーテンを突っ張り棒にて設置

 

リフォーム前の

昭和感あふれる

トイレ。

なんとなく

違和感を感じて

トイレに

入る・・・

リフォーム後

やっと

安心して

便座に座れる

感じに(笑)


ちなみに

壁付けの木製の箱は

セリアにて購入

 

手前のタオル掛け(本当は手すり)は

タンク横付近にないと意味がなく、

(ビシャビシャの手をここまで移動

させたら床も間違いなくビシャビシャ)

 

木の板を塗装して

上に乗っけて物を置けるスペース

に変更しました。

 

とりあえず

トイレは大規模な予算を

かけずに

明るくきれいな状態にすることに

成功しました( ´∀` )

 

ここで気をよくした私は

ほかの部屋にも手を付け始めるのです・・・(笑)

 

へつづく